シートフローリングのキズを放置しておくとどうなる?

シートフローリングとはフローリングの表面に木目をプリントした塩ビシートを貼ったフローリングのことです。

ノンワックスフローリングとも呼ばれていて、木目のプリント素材を保護するために、予め表面に強化コーティング処理がされているのでワックスすら不要という優れものなんですよね。

◎フロアコーティングするなら知っておきたい!フローリングの種類とは!?

最近の新築住宅では採用されることが多くなっていますので、シートフローリングの家に住んでいるという方も多いんじゃないでしょうか。

プリント素材といっても、今のプリント技術はとても発達していて、言われなければ本物の木と間違ってしまうぐらいに精巧に出来ています。

そんな優秀なシートフローリングですが、いくら表面に強化コーティングがされているからと言っても、キズが付かないわけではありません。

生活していれば、フローリングのキズは付きものですよね。

キズがついたら、そのまま放置してしまったらどうなるの?という点について解説したいと思います。

シートフローリングはキズつくとどうなる?

まずはこちらの写真を見てください。
実際にシートフローリングにキズが付いてしまった写真です。

拡大してみるとよくわかりますが、鋭利なものを床に落として表面のシートがめくれ上がってしまっています。

シートフローリングは表面材にプリントシートが貼られていて、プリントシート(塩ビ素材)はビニールに近い素材です。

一般的なフローリングですと表面材は木材なので、割れるというイメージに近いですが、シートフローリングの場合にはシートが破けるというがイメージが近いかもしれません。

シートフローリングのキズを放置しておくとどうなる?

シートフローリングに物を落として表面のプリント素材がめくれ上がってしまった!でも、でもどう対処していいか解らないから放置しておくというのは注意が必要です。

というのも、キズついたところから日常的なゴミ、埃が入り込んで、表面のプリント素材の劣化が早まってしまう場合があるからなんですね。

劣化というのは、プリント素材が少しずつ剥がれて浮いてきてしまったり、まためくれ上がったシートを引っ掛けてしまい、シートがもっと破けてしまう場合もあるんです。

破けてしまうというのは、ビニールを引っ張っぱるとビニールが伸びるように破けてしまう様なイメージですね。

キズによってあいた穴から水分も染み込みやすくなってしまい、付着していた汚れと水分とでフローリングの劣化を早める原因にもなってしまいます。

シートフローリングがキズついてしまった時の対処法

可能であれば補修のプロにお願いするほうが、跡形もなくキズをごまかしてくれる可能性が高いですが、費用が高くついてしまうのが気になるところです。

職人さんというのは、一現場いくらで動いているんですよね。

キズ1箇所3000円とかでは受けてもらえません。

ですので、どんな小さなキズでもプロにお願いすると、1万円~3万円程度は掛かってしまうんです。

では、シートフローリングがめくれ上がるようにキズついてしまったら?

対処法としては

  • キズが小さい場合は、めくれ上がったシートを押し戻して、表面を平らにする。
  • キズが大きくシートがめくれ上がってしまったら、引っ掛けてそれ以上キズが広がらないようにカットしてしまう。

なにより、キズがそれ以上広がらないように対処することが重要です。

表面を平らにしたら、次にホームセンターなどで売っている「かくれん棒」等を使用して、キズの穴を塞ぎます。

※コテを使う方は、コテが熱を持つので過度な使用でフローリングを痛めてしまう場合があるので注意が必要です。

とりあえずの応急処置ですが、穴を塞いでゴミや埃が侵入しないようにしてください。

小さいキズであれば、これだけでも劣化の進み具合は大きく変わってくるはずです。

一番良くないのは、そのまま放置しておくことです。

最初は気にならなくても、時間がたつにつれてフローリングの表面に変化が現れてからの対処では手遅れになってしまう場合がありますからね。

まとめ

ワックスも不要なシートフローリングはとても便利なものですが、キズがついてしまうと一般的なフローリングよりも注意することが多いんですよね。

また、プリント素材の上に強化コーティングされているので、一度キズ付いてしまうと完全には元に戻すことができません。

生活している上でフローリングのキズというのは、どうしても避けられないと言ってもいいくらいなので、もしキズがついてしまった時にどう対処するかでフローリングが長持ちするかが変わってきます。

小さな傷も、長い目で見ればフローリングの劣化を早める原因にもなってしまいますので、キズを放置しないというのは意識しておきたいところですね。